<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 失意 | main | 肉々 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

虫喰

宮本です。
そういや今って梅雨でしたね。

調子が悪い悪いとほざいていた私、
実は1ヶ月くらい前から原因不明の痛みに悩まされていたんですよ。
喫茶店で大あくびをかいてから、
こめかみの下あたりに鈍痛が走りはじめまして。
もしかしたらこれは顎関節症かと思ってですね、整形外科に行ってみたんです。
しかし、レントゲンを撮っても骨格的に異常はないと言われる。
採血して調べてもらうも、おたふく風邪の兆候なし。
普通なら喜ぶべきことなんだろうけど、
痛みは厳然として存在しているわけで素直に喜べない。
結局原因不明のまま痛み止めを処方してもらう。

なんだか妙な気持ち悪さを感じつつも、
薬飲んでるうちにいつの間にか回復しまして、
まぁなにかの偶然だろうと思い過ごすことにして放置してたんです。
そしたら奴は帰ってきた。
しかも前回より凶悪な攻撃性を伴って。
1週間ほどして朝起きると、比べものにならない痛みが襲ってきた。
今度は鈍痛が左の顔面全体に拡散していて、
骨も疼くし、顎下のリンパ節もズキズキと。
これは事件だと直感したが、なんせ原因不明だし地味に忙しいので、
残っていた痛み止めでごまかすも今回は一向に良くならず。
薬がなくなったらお手上げなので、再び整形外科に泣きつく。
すると医者が「もしかしたら神経かもね」と仰る。
神経というと……もしかして歯?
でも歯自体に異変はまったくないんだけど……

だがほかに当てもないので、藁をも掴む気持ちで歯医者へ。
症状を説明し、診察が始まってから30秒後。
「あ、親不知やばいですね」
…………え、歯なの!?
すぐさまレントゲンを撮ると、虫歯が見事に神経まで達していた。
そーいや虫喰ってるけどどうせ抜くから、小さいうちは放置という話だったな……
もう処置のしようがないので、即日抜くことに。
麻酔が足らずに今年一番の冷や汗をかくというハプニングがありながらも、
なんとか無事に抜歯完了することができました。
その直後から痛みが完全に消失。素晴らしい。

いやぁ、歯って本当に恐ろしいものです。
とある人は右の歯がやられていたのに、左顔面が痛かったとか。
顔の神経ってどう繋がってるかようわかりませんね。
そんなわけで、ただいますこぶる調子がいいです。
ま、今までが悪すぎたからな。
これで日記という名の雑記も続々更新だね。
勿論嘘ですよ。
宮本 * - * 23:09 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:09 * - * -

コメント

途中まで、たけしの家庭の医学のようだった。
あのナレーションが脳内再生されたよ。
Comment by しょこら @ 2009/07/09 7:14 PM
そうそう、あれを意識したんだよ。
1回も見たことないけどな。

にしても歯は恐ろしいと思い知った。
気をつけるべし。
Comment by 宮本 @ 2009/07/14 11:23 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ