<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 虎猫 | main | 傾倒 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

所思

宮本です。
カフェオレ飲み過ぎじゃね?

オタクっぽい喋り方というのはどういうものだろう?
実は某放送でオタクだと発言したところ、
「話し方が全然違うよ」とのお言葉を頂戴しまして。
しかし一方で、地元の友人共や連れには完全にオタク口調だと言われる。
人それぞれ基準があるのは当然としても、
意見が割れると妙に気持ち悪いというかうずうずする。
個人的には多少オタ臭いと思ってるだけに余計。

そもそも、上記のように感じた人は
オタクだったのか一般人だったのかがわからない。
典型的なオタク口調に対して
明確な判断基準があると思うんですよ、同族の人なら。
実際私にはあります。
「こんにちは」と一言発するだけで、
こいつは本物だ間違いないというものが。
言葉で上手く説明できないんですけどね。
そしてそれは大抵私と同等か、
もしくはより深みのある方々に対して適応される。
だから、私の喋りを聞いてオタだと思うなら私より度合いが低く、
オタじゃないと思うなら私より強者なのではないかと。

で、もう一方の一般人が問題だ。
はたしてどんなオタク像を脳内で構成しているかわからない。
学生時代クラスメイトだったそれっぽい奴だったり、
テレビに出てくる捏造されたオタク青年を思い浮かべるんだろうか。
そうだとしたら、一般人は十中八九私のことを
オタクだと感じないはず……自信ないけど(塩
口調だけでどう判断するかって部分は未知数すぐる。
だいたい事例で分別するもんね、多分。
コミケ行ったことあるかどうかとか、アニメ観てるかとか。

誰かこういう実験やってないんですかね。
オタと一般人混ぜて目隠ししてさ、
会話だけ聞いて判定してもらうみたいな。
信憑性があまりないとしても、
波形パターンの統計とか取れれば面白そうだ。
まぁ、実際やってみたらオタ特有の口調なぞ
存在しなかったとか言われそうだ。
それはそれでいいんだけど、納得できるかというと……
とても幻想には思えない。あの特徴的なべしゃりは。
うーん、わからん。まぁそりゃ当然か。

しかしなんでか知らないけど、オタじゃないって
否定されるとなんとなく反発したくなっちゃうんだよなぁ。
なのに、そこまでディープだとはあまり思われたくない。
さらにはライトオタなる物にもなりたくない。
わかってくれますか、この微妙な乙女心(塩
なんだ、やっぱりキモいでFAだなこりゃ。
宮本 * - * 23:25 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:25 * - * -

コメント

口調って、言葉に呪われてるね。

単純に考えてみれば、方言訛りが様々あるんだから、調べて分かるものじゃない。

あるとすれば、嗜好な会話に対する反応のテンション上がりじゃないかな。
その嗜好物がオタクってだけで。

誰もがテンション上がれば同じようになるんだし、
『オタク口調』というのは表現違い。
と、思ったよ。
Comment by しょこら @ 2009/10/02 12:56 PM
コメントがあったことに気がついたのが今という(塩

テンション上がれば皆同じかぁ。
でもぼくは、ギャル夫とオタクが一緒だとはとても思えぬ。
あの独特の感覚はなんと表現すればよいのか……
Comment by 宮本 @ 2010/01/18 12:50 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ